弁護士トップ画像the troble

依頼

交通事故にあった場合対処していれる弁護士法人 交通事故は飲酒や過労や薬物を使用して
自動車を運転して事故を起こさない限りは
過失事故として警察で取り扱われることに
なります。

自動車を運転して交通事故を起し相手に
怪我をさせてしまった場合には自動車運転
過失傷害の刑事事件として警察から取り調べを
受けることになります。

避けられない

相手に重大な怪我をさせてしまったり、死亡させてしまった場合には
警察は逃走や証拠隠滅の虞があることから現行犯逮捕をしてくる
場合があり、現行犯逮捕されてしまった場合には弁護士を
依頼する権利を与えられます。

これは自分を守る権利として憲法で保証されている権利であり、
弁護士を依頼する権利を与えらなかった場合には憲法違反となるので、
違法な捜査となります。

常に気を張る

警察や検察などは自動車運転過失傷害として起訴するのではなく、
より重たい危険運転で起訴しようとしてくることから、過失事故であることを
弁護士に弁護してもらうことが極めて大切です。

交通事故で刑事事件の被疑者となった場合に自分を
弁護してくれるのは弁護士だけなので、交通事故を専門にしている
弁護士などを私選弁護人として依頼することが重要です。

Copyright(c) 2011-2015 トップページに戻る All Rights Reserved.