弁護士トップ画像the troble

債務整理

交通事故にあった場合対処していれる弁護士法人交通事故に遭って、何ヶ月も怪我の治療で
会社を休むことになり、経済的に苦境に
立たされるという可能性は、ない訳では
ありません。

しかし、交通事故の損害賠償金を請求する
手続きをサポートしてもらうために
依頼した弁護士の方に債務整理の手続きを
踏むことを相談するのは避けたほうが
無難です。

いつも通る道

弁護士にはそれぞれ、得意とする分野があり、
交通事故の損害賠償金の請求手続きと、
債務整理の手続きでは適用される法律も
全く異なります。

交通事故の示談交渉が有利に進み、損害に応じた
損害賠償金の金額のお金が被害者の手元に入ってくれば、
経済的に追い詰められた状況も、ほとんどの場合
解消されることになります。

そのため、損害に応じた損害賠償金の金額のお金を
被害者に引き込むために尽力している弁護士の方に対して、
経済的に苦しいからといって債務整理の話を持ち出されれば
弁護士の方も人間ですので気分を害する可能性もあります。

経済的に苦しいのであれば、治療費を前倒しで
加害者が加入している自動車保険会社から支給して
もらえないかどうかについての相談を弁護士にするのが良い方法です。

眺めが良い場所

交通事故以外の案件を相談したい場合は、相当大きな
日本全国に展開しているような法律事務所でない限りは
相談したい内容について専門的に取り扱っている
別の法律事務所に相談する必要が生じます。

まずは、交通事故の怪我の治療に専念し、経済的な
相談事は損害賠償金が手元に届いてから検討する方が良いといえます。

Copyright(c) 2011-2015 トップページに戻る All Rights Reserved.