弁護士トップ画像the troble

得意分野

交通事故にあった場合対処していれる弁護士法人弁護士にも医者と同様、専門分野
というのがあります。

司法試験に通った時には、まんべんなく
学習しているわけですが、その後は得意分野を
専門とすることが多いです。

それ以外の分野にはそれほど詳しくなく、
専門としている弁護士にはかなわないのが実情です。

すぐに相談

弁護士は常にいくつもの案件をかかえているため、
急に専門外の知識を深めると言っても、時間的余裕がありません。

特に交通事故は専門性が非常に高い分野ですから
被害者は交通事故専門の弁護士に依頼する必要があります。

加害者側にも弁護士がつき、対等に渡り合ってもらわなければなりません。

  交通事故の加害者が任意保険に入っていると、
加害者側の弁護士は、会社の顧問弁護士となります。

事務所に出向く

当然、交通事故だけを専門に扱うプロ中のプロです。
被害者側にも専門家が付いていれば問題はないのですが、
専門外の弁護士だと、太刀打ちできないでしょう。

そうなると、示談交渉でも相当不利になります。
両方の代理人が専門家同士なら、裁判をした場合の
結果がわかりますから、妥当な示談ですぐ決着することに
なりやすいのですが、専門家でないと、裁判結果がどうなるか
確信が持てず、不利な条件でも示談しようとする可能性があります。

専門家なら、被害者にとって妥当な示談内容でなければ、
すぐ裁判に持ち込もうとします。

裁判結果がわかっているから強気の交渉ができるわけです。
会社側の顧問もそれがわかっているため、話が早い面があります。

Copyright(c) 2011-2015 トップページに戻る All Rights Reserved.