弁護士トップ画像the troble

被害者

交通事故にあった場合対処していれる弁護士法人交通事故の被害者は、交通事故の
手続きや流れについては何の知識もないまま
突然、自己処理に必要なさまざまな対処を
迫られることになります。

交通事故においては初期対応が
非常に大事です。

しかし、その時期、被害者はけがをして病院にいるか
体を動かせないままでいるか、の状況となります。

交通事故の加害者はまず起訴されませんから、自由の身です。

危険が多い

自分が不利にならないよう、さまざまな対策をとることができます。
加害者が任意保険に加入している場合は、任意保険会社が
加害者の代理人となり、すべてを肩代わりします。

被害者が任意保険に入っていたとしても、過失がないと
想定される場合、任意保険会社は介入しません。

弁護士に依頼しないでいるなら、個人で交渉しなくてはなりません。

任意保険会社の担当者は、賠償額を減らすことを業務としていて、
連日、何年にもわたってそれを仕事としてきたわけですから
個人を相手にした交渉にかけてはプロ中のプロです。

個人で接触していたら、不利になっていくだけです。
知識量、実務経験、どれを取ってもとても対等とは
言えない交渉相手です。

早めに解決

  妥当な示談に至るためには、なるべく早いうちに
交通事故専門の弁護士に依頼することです。

重傷なら、交通事故直後から依頼するのが理想です。
交通事故専門の弁護士が付けば、任意保険会社も妥当な対応を
するしかなくなり、理不尽な対応はしてきません。

弁護士をつけず、個人で交渉していて、妥当な示談に
至ることはありません。

Copyright(c) 2011-2015 トップページに戻る All Rights Reserved.