弁護士トップ画像the troble

保険会社

交通事故にあった場合対処していれる弁護士法人 交通事故の加害者が任意保険に
加入している場合、被害者の交渉相手は
任意保険会社となります。

任意保険会社と被害者は利害が真っ向から
対立します。

任意保険会社は、交通事故の賠償交渉を
業務として日々取り組んでいるわけですから、
知識が豊富で、自社負担額を減らすための
ノウハウも知り尽くしています。

注意を怠れない

被害者は、交通事故については右も左もわからない素人です。

そのため、対等な交渉とはなりません。
任意保険側と話をすればするほど、被害者は
不利な状況に陥りますので、なるべく接触しないことです。

任意保険側との交渉は、交通事故専門の弁護士に
任せましょう。
  任意保険側は、被害者が個人で交渉していると、まだ治療が
必要な時期であっても症状固定を迫ってきたり、治療費支払いの
打ち切りを通知して来たります。

それによって被害者は、たいへんな心理的ストレスを
かかえることになります。

色んな要因

弁護士に依頼し、受任通知を出してもらえれば、
被害者は以後加害者側と一切接触せずに済みます。

精神的ストレスにさらされることなく、治療に専念できるようになります。

弁護士はその間、被害者が不利にならないよう
万全の対策をとってくれますので、被害者は安心していられます。

示談交渉においても、被害者がひとりで交渉していると
任意保険側は不当な示談内容を提示してくるものです。

被害者がなにを主張しようと、その内容を変えることはありません。
しかし弁護士がつくと、妥当な示談に応じようとします。

Copyright(c) 2011-2015 トップページに戻る All Rights Reserved.